風俗嬢のやりがい

内閣府が調査したところによると、「仕事にやり甲斐を感じる」人は全体の16.6%だそうです。
この調査は風俗業で働く女性に限定して行われた調査ではなく、働く人全てに対してなされた調査です。
種々のしがらみや制限が、やり甲斐を感じなくさせているのか、かなり低い数字です。

仕事にやり甲斐が感じられる企業ほど、収益は黒字になる傾向があるそうです。
従業員がやり甲斐を感じればやる気も向上し、1人1人が発揮する能力も同時に向上するということです。
風俗嬢は一般的に歩合制。
上手くやり甲斐を見付けられると、やる気向上→能力向上→収入向上と良いことずくめです。
この仕事では、時として単調さを感じたり、心身にストレスを感じたりすることがあるかも知れません。
しかしそこで風俗嬢をあきらめてしまっては、実は何かを達成したあとにこそ分かる風俗の仕事のやり甲斐を、自ら手放すようなものです。
有名な小説には、「大切なものは、目に見えない」と書かれています。
どんな仕事も奥は深く、やり甲斐みたいな本当に大切なものは、よっぽどその仕事をやり込んでみないと見えてこないものです。
ですから少し風俗をかじった程度で、あきらめて欲しくはないのです。

冒頭で書きましたように、どんな仕事でもやり甲斐を見付ける事は容易なことではありません。
ここでは他の風俗嬢が、どういったことにやり甲斐を感じているかを掲載しています。
是非これをきっかけに風俗でより稼いで、仕事や人生をより充実したものとして下さい。

Copyright © 2014 風俗嬢のやりがいって何? All Rights Reserved.